ボートレースの予想には統計データが役にたつ。

ボートレースの回収率を上げる方法を模索中。

的中率は上がるようになってきたが、なかなか高配当に巡り会わない。

現地で生の選手の状態を見る事ができないが、統計データを集めて解析する方法でボートレースは勝てるようになると思う。

生の選手の状態を見ても、結局は統計データも必要である。

それだけボートレースは枠番やレース場によって偏りが生まれる競技なのだ。

選手の状態のとらえ方には主観も入ってくるので、人によって見方が変わる。

データのとらえ方も人によって変わる。

だから、色々な予想があるし、現地で長年見続けている番記者や予想のプロでも100%の的中率にはならない。

そう考えれば、統計データをどれだけ集めて、どう解析するかが重要なのだ。

現在、データを集めながら、実験的に舟券を購入したり、舟券を買わずに予想を立てたりしている。

予想だけして買わなかったレースが的中して万舟になることもあり、若干悔しい思いもしているが、まだまだ、精度を上げる必要がある。

明日も頑張ろう。

Posted by 凪之介