複数通貨の前日高値安値をまとめてCSVに書き出すスクリプト

複数通貨の前日高値安値をまとめてCSVに書き出すスクリプト

僕は毎朝、前日のボラティリティや高値安値の更新を確認しています。

過去の分を調べるだけなら日足情報を一括でエクスポートすれば良いのですが、これは日々追加されるものなので毎日の作業が必要です。

その作業を少しでも効率よくする為に作ったものなので、需要は無いかなと思いますが無料で置いておきます。

 

概要

前日日足の高値安値をCSVに書き出します。

7通貨の高値安値、計14個のデータを書き出します。

 

デフォルトでドル円、ユロドル、ユロ円、ポンドドル、ポンド円、オジドル、オジ円が設定されていますが、変更が可能です。

パラメータで「USDJPY」のように、6文字の大文字アルファベットで記入してください。

 

適用するチャートは通貨、時間足ともに何でも構いません。

セーブファイル名も変更が可能です。

 

前日分(1本前)の日足情報を呼び出しているので、火曜日なら月曜日分、水曜日なら火曜日分…となります。

しかし金曜日分の営業が終わった土曜日早朝から、次営業開始の月曜日早朝までは基本的に新しい日足ができません。

(金曜日の日足が完成した状態で終了している)

なので、土日に金曜日の情報を得るためには0本前として考える必要があります。

その際は、パラメータの変更画面で「day」を「土~日」に切り替えてください。

月曜日の営業開始後なら、そのままで金曜日の情報が取得できます。

 

ちなみに、月曜日~金曜日の営業時間中に「土~日」を選択して書き出すと、その時点での当日高値安値の取得ができます。

まぁそれを知りたいならこちらの方が良いかも知れません。

 

使い方

準備

ダウンロードしたzipフォルダを解凍し、中にあるexeファイルをScriptsフォルダに入れます。

 

ファイル→データフォルダを開く

 

MQL4フォルダを開くとその中にScriptsフォルダがあります。

 

exeファイルをScriptsフォルダに入れたら、一度MT4を再起動するか、ナビゲーターでスクリプトを右クリックして更新を押してください。

 

CSVの作成方法

CSVデータが欲しい通貨ペア・時間足のチャートを開きます。

ナビゲーターのスクリプト内から適用したいスクリプトをチャートにドラッグ&ドロップします。

 

設定画面が開きますので、パラメーター等で必要な部分を変更してOKを押します。

これでCSVファイルが作成されるはずです。

 

作成されたファイルの場所

先ほどのMQL4フォルダを開くとその中にFilesフォルダがあります。

その中にパラメーター設定画面で指定したセーブファイル名のCSVが作成されます。

 

ダウンロード

無料です。

Output_yesterdayHL

 

・当サイトの情報を利用される際は、ご自身の責任と判断でお願いします。

・万が一、当サイトをご利用することで発生したトラブルに関しては一切の責任を負いかねます。

・また、本免責事項、および、当ブログに掲載しているコンテンツ・情報は、予告なしに変更・削除されることがあります。予めご了承下さい。

Posted by 凪之介